vol.68 冬野菜の旨味は寒さから

    このところ天候不順で野菜の値段が高騰しています。  家計を預かる主婦や飲食業には頭の痛い問題です。  しかし原因が気候にあるとすれば、生産者の方も  どうしようもありません。この冬の異常な寒波で植物も  相当な被害を受けているに違いありません。     しかし、この寒さの影響で意外な恩恵をこうむっていること  も…

続きを読むread more

vol.67 出世魚のはなし 

  12月から2月は寒ブリの旬  各地でブリの豊漁が続き、東京築地市場でも卸価格が  前年比2割安という嬉しいニュースが届きました。  他の魚の消費量は2割以上落ちているというのに、ブリは  1割も伸びていると報じられています。  ブリは脂肪分が多く、刺し身や塩焼きなどの従来の食べ方に加えて  ブリ大根やブリしゃぶなど若い人…

続きを読むread more

vol. 66 鯛は何故おめでたい魚なのか

    暮も近い12月の一日、築地で鯛料理の実演講義ガ催されました。  講師は江戸会席料理の家元、柳原一成先生。  お弟子さんを5名も従えての豪華版。  これを逃すてはないと、終始目を凝らし集中受講となりました。    まな板に乗せられたのは、70~80cmの体長の立派な『真鯛』    当然、天然物のマダイです。  養殖…

続きを読むread more

vol.65 春の七草

    明けましておめでとうございます。  今年もどうぞよろしくお願い申しあげます。  1月7日は「七草粥」を食べるのが古くからの習わしです。  お正月のご馳走で疲れた胃腸をいたわるために考えられた  習慣だといわれています。     江戸時代には1月7日は人日(じんじつ)と言って、五節句の  一つでした。  五節句の…

続きを読むread more