vol.12 春は「さくら鯛」

 お魚の王様は鯛、鯛の中の鯛は「さくら鯛」といわれています。 鯛は、貫禄のある姿、美しい体色、とりわけ上質な味をもち、  生はもちろん、煮ても焼いてもおいしい・・・ この魚はまさに、キング オブ フィッシュなのです。 そしてまた春の魚の代表でもあります。  ところで,「さくら鯛」という魚はあるのでしょうか? 学名でも標準…

続きを読むread more

vol.11 私の手作りヨーグルト

 私は毎朝、必ず手作りヨーグルトを欠かさない。 ヨーグルトのおともは、桑の葉か、大麦若葉の微粉末。 蜂蜜を混ぜることもある。 そして、パートナーには、グレープフルーツ(ルビー)半分とキウイ1ケをえらぶ。 最近は、キウイに替えて苺にすることもある。 これで1日の果物の摂取量がまかなえることになる。 この習慣は、30数年来続…

続きを読むread more

vol.10 ヨーグルト旋風

   いま巷には、ヨーグルト旋風が吹荒れています。 ついこの間、明治がRー1というハードタイプのヨーグルトを出して話題になった。 1ヵ月位は、どこのスーパーマーケットも売れきれ状態が続いた。 しかし最近は、普通に買えるようになっている。 日本人の熱しやすく冷めやすいのは、どの場合も同じようだ。 さて、この挑戦に森永も…

続きを読むread more

vol.9 さくら咲く

 ついに、待ちに待った、東京に桜の開花宣言がでました。 梅は1か月も遅く咲きましたが、 東京の桜は、5日遅れにとどまったようです。   桜の季節になると、必ず思い出す和歌に,西行法師の 「願はくは花のしたにて春死なん  そのきさらぎの望月のころ」 *山家集  があります。  この歌の作者、佐藤義清(のりきよ)は、…

続きを読むread more

vol.8 「魚の顔も十匹十色」

   3月28日の夕べ、IBC(インターナショナル ビジネスマン クラブ)という交流会のお招きを受け、 お話をする機会をいただいた。   平澤和重さんが始められたという勉強会の名門中の名門、 もう34年も続いているから大したものだ。 勉強会、異業種交流会などの世界では、30年を越すと、 老舗ということになるようだ。 …

続きを読むread more

vol.7 話題の塩麹

塩麹が話題になっている。 昔から使われていた調味料で、米麹に塩と水を加えて醗酵させた嗜好品だ。 最近,とみに脚光をあびている。 この頃は瓶詰にして売られているので、便利になったものだ。 和食では、魚によく合うのだが、肉や野菜などにも応用できる。 特に、肉に使うと、肉を柔らかくする効果がある。 野菜も、塩麹にしばらく漬けて…

続きを読むread more

菜の花狂いⅢ)

翌日は、まず滝川市役所へ。 商工労働課の志賀室長、長瀬次長、末松副市長にお会いして、 今回の滝川市訪問の目的などをお話しする。 そして、秘書室のおはからいで、田村市長ともお会いすることができた。 ご多忙なので、ご挨拶だけということで、5分程の時間をお約束いただいた。 町おこしで様々な問題を抱えておられるのは、どこの自治体でも同…

続きを読むread more

6)若さのカギはコラーゲン!

近くのドラッグストアの前を通ったら,入口でマネキンさんに呼び止められた。 A飲料のコラーゲンドリンクの試飲だった。 それは、人工甘味料と香料が添加されていて甘くて飲みやすいのだが、 他社の健康飲料と同じような匂いがした。 その日、私はスーパーに買い物に出かけるだけなので、すっぴんで家をでた。 「キレイなお肌していらっしゃい…

続きを読むread more

菜の花狂い 2)

滝川市は,札幌から車で約1時間の人口4万4千人の小都市だ。 少し前までは、7万もの人口があったそうだが、過疎化の波は、この街にも押し寄せていた。 ところが滝川市は、菜の花の作付け面積“日本一〟合鴨の生産量も”日本一〟の町なのだ。 三年前,酔狂にも私は、滝川の菜の花畑を見に、五月中旬、羽田を飛び立っていた。 ちょうど街では…

続きを読むread more

菜の花狂い 1)

菜の花の黄色は、美しいだけでなく、明るく元気を感じさせる春の色です。 花を愛でることも食べることもできる菜の花は栄養面でも優等生です。   みなさんはカルシュウム豊富な食材というと、牛乳や鰯の丸干しなどが、真っ先に頭に浮ぶのではないかと思います。 実は、菜の花はとてもカルシウムに富む野菜なのです。 食用の菜の花(菜花)は、…

続きを読むread more

桃の節句 Ⅱ

桃の節句は過ぎてしまいましたが、街なかではまだまだ雛飾りが見られます。 桃の木と一緒にお雛様を飾り、女の子の成長と幸せを願って雛人形を飾る習わしは、 室町時代に始まり、江戸時代に盛んになりました。 それから昭和の時代まで、雛飾りはその家の格式を示すものの一つにされたとも云えました。 世界中で日本の雛飾りほど、雅びで格式の…

続きを読むread more

桃の節句 Ⅰ

桃の節句 Ⅰ はじめまして、鈴木延枝です。 春は、はじまりの季節。 今日から折にふれて、楽しく食べて元気になる「ブログ」をお届けします。 食いしんぼうの私は毎日、食べることだけはマメに考えています。 どうしたら、食べることで健康でキレイを保つことが出来るだろうか。 このテーマについて常日頃、感じたこと、考えている…

続きを読むread more